スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.09/09(Sun)

2012/9/8(土) カノン考

カノンって、難しいですね。
いや、レトゥスでは、「難しい = やりがいがある!」ですよ

調べてみると、

「カノン (canon) は、複数の声部が同じ旋律を異なる時点からそれぞれ開始して
演奏する様式の曲を指す。一般に 輪唱と訳されるが、輪唱が全く同じ旋律を追唱するのに対し、
カノンでは、異なる音で始まるものが含まれる。
 また、リズムが2倍になったり、上下 または左右(時間の前後)が逆になったような
特殊なものをも含む。」

だそうです。
なるほど

昨日の練習はカノンがほとんどでした。
先週9/3に、バンキエーリの歓迎演奏が終わりましたが、続いて10/7に
東北学院大学キャロラーズの賛助出演で歌います。
昨日からはこの本番用の練習に移りました。

カノンと言えば「パッフェルベルのカノン」が有名ですが、日本で言えばカエルの合唱ですよね~(笑)

同じメロディを、ずらして歌うとあら不思議。とても綺麗な和音が聴こえてきます。
しかも、ずっと歌っていられる、終わりなき歌でもあります。不思議ですね。

カエルの合唱は子供のころから歌って、その不思議さにわくわくして、
繰り返し歌ったものです
しかし、きちんと歌おうとすると、これがなかなか難しいです。
どこから曲に入る人でも、ソロのようにしっかり歌わなくてはガチャガチャになってしまいます。

でも・・・上手に合わさった時には同じメロディとは思えない世界が広がります。

カノン、奥が深いです


by atoo
スポンサーサイト
18:13  |  活動記録  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

●カノン☆

カノン、奥が深いですよね。
音楽スキルを試されているような気もしたり。
音の糸を紡ぐように、歌っていきたいですね。
たま子 | 2012.09.09(日) 19:58 | URL | コメント:編集

●やりがい

今回。何年か前から練習しているのに、
毎回緊張に悩まされる曲が含まれています(>_<)
気を引き締めていないとうっかり震えてしまうような
本来はとても美しいカノンの曲を、本番に向けて
練習を重ねる事で自信に変えたいなぁと強く思っています。
まさに、やりがいです☆
oja | 2012.09.10(月) 13:59 | URL | コメント:編集

>たま子さま
音の糸を紡ぐように、素敵ですね。
そのように歌えるようチャレンジです☆

>ojaさま
前向きで良いですね~~!
私も凹まず、頑張ります^^
atoo | 2012.09.11(火) 17:04 | URL | コメント:編集

コメント:を投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Tracback

この記事のトラックバック URL

→http://lveblog.blog.fc2.com/tb.php/36-739e024a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。