スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2013.01/28(Mon)

1月26日(土) 集中練習

みなさんは1日に何歩くらい歩いていますか?

寒いので、すっかり出不精になってしまい、雪が降れば車にさえ
乗らない近頃の私
少し危機感を覚え、最近万歩計を持つようになりました。
そして数字を見てはっきり!あまりの歩いていなさを認識してしまいました

歩かないでいると、全身の筋肉が衰えてしまいます。

スポーツをするときには、そのスポーツに合った筋力トレーニングやジョギング
、ストレッチなどをしますよね。
歌もスポーツと同じで、筋力が衰えると歌えません。
立っているのも大変になりますし。

せめて一日3000歩は歩くように何とか工夫して、筋力が衰えないように
したいと思います。
なかなか難しいですが、筋トレとストレッチも継続していきたいですね

さて、今週の練習は
・Tota pulchra es / M.デュリュフレ(3声div.)

1曲集中でした。
たった1曲でも、やることたくさん!
やっぱり2時間があっという間です。
たくさんの曲を歌うのも勉強になりますが、1曲をじっくり集中して
仕上げていくのも勉強になりますね~。
何より楽しい!
集中して練習し、歌い方が変化していくとワクワクします。
まだまだ仕上げに向けて変わっていけそうなので、楽しみです

by atoo
スポンサーサイト
18:08  |  活動記録  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑

2013.01/24(Thu)

2月の予定

2/02(土)19:00-21:00 荒町市民センター第一会議室
2/09(土)19:00-21:00 荒町市民センター第一会議室
2/10(日)09:00-10:00 片平市民センター会議室兼調理室
2/10(日)宮城県合唱アンサンブルコンテスト@広瀬文化センター
2/16(土)19:00-21:00 荒町市民センター第二会議室
2/23(土)19:00-21:00 荒町市民センター第一会議室
10:30  |  活動予定  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.01/23(Wed)

1月19日(土) Cats!

毎日寒いですね~。
でも、長い冬は辛いのですが、良いこともあります。

って、寒いときとお腹が減っているときに寄ってくるのです。
なので、寒い時期はいっつも近くにいて私から暖を取ろうとします。
コタツに入ればいいのに、不思議と人間に近寄ってきます。

膝の上やら椅子と背中の間やら、常に虎視眈々と狙っていて、
スキを見せると漬物石のように乗っかってきたり隙間に入ってきたりします。
膝に乗られると重いですが、かわいい~、あったかい~
というわけで、寒いけれどもちょっと嬉しいのでした。
夏になるとピタリとまったく近寄って来なくなるので、今のうちに猫かわいがり
しておかなくちゃ

「A Catch on the Midnight Cats」を歌っていると、曲の雰囲気がとても
猫っぽくて面白いです。
猫といえば「夜」とか「気まぐれ」なイメージですが、マイナーでキリっとした
曲調が猫にぴったりです


さて、今週の練習曲です。

・野ばら 作曲:H.Werner /日本語詞:近藤朔風
・A Catch on the Midnight Cats / Michael Wise(カノン)
・Tota pulchra es / M.デュリフレ(3声div.)
・Hajnalban   / G.オルバーン(3声)

以上の4曲でした。

早いもので1月ももう後半。
歌いこんでいるうちに、段々音色が変わってきました
欠点を上げればキリはありませんが、確実に少しづつ曲が仕上がっていくのは
楽しいですね
迷いとか戸惑いはそのまま歌に出ますので、繰り返し歌っていくことで
その迷いがなくなり、クリアで自由な曲に変化していく、のかな??
次回の練習も楽しみです


by atoo
12:46  |  活動記録  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.01/15(Tue)

1月12日(土)くたくた×2

たくさん降りましたね!雪!
首都圏でも大雪になったようで、大変そうですね。

仙台市では8年ぶりの大雪だそうです。
今日は朝から雪かきで、すでに腕とか首とか筋肉痛・・・
でも、雪をえいやー、と持ち上げても、周りも雪ばっかり。
どこに持っていったらよいのやら??
仕方なくはじっこに山のように積み上げましたが、うーーん。
これじゃ溶けないですよね難しいなあ。雪かきって・・・。
道も踏み固まって凍ってきていますから、みなさんもお怪我などなさらないように
どうぞお気を付け下さいませ。
(くたくた×1つめ)

さて、レトゥスはただいま2月のアンサンブルコンテスト用の練習をしております。
とはいっても、いつも通りの練習をしているのですけれど
コンテストがあってもなくても、レトゥスはガツガツです。

そんな中、今週は、日本でもよく歌われている曲を先生が持ってきてくださいました。

レトゥスに入ってから、ずいぶんとたくさんの歌を歌わせていただきましたが、
改めて、どんな曲でも一筋縄ではいかないなあと思います。

音が覚えやすくてすぐに歌える歌、音取りだけでも四苦八苦する歌、リズムが面白い歌、
高音が多い歌、抑揚の少ない歌&多い歌、etc.・・・。
いろいろありますが、どんな曲でも共通して必要なのは、ブレずに歌うことみたいです。
身体の位置、意識する場所、喉の開き方、これまたetc.・・・。

簡単な曲だから上手に歌えるか、というとそんなことはありません。
いつもいつも、どんな時でもブレないで歌える。
そうでなければどの歌もちゃんと歌えません。
それができて初めて心を乗せられるのだなあ、と思います。

でも、技術だけが先かというとそうでもなく。
気持ち(心)を乗せて、初めて得られる技術的な発見もあります。
ううううーーーん。奥が深いー

自分のそのブレない場所を探すため、あーでもない、こーでもない、と考え考え、
今日も日が暮れていきます・・・。
そんな試行錯誤の日々は、辛くもあり、楽しくもあり。
(くたくた×2つめ)

音楽を志す人は、多かれ少なかれ、みんな同じ体験をしているのでしょうね。
そう考えると、世界中、音楽が共通なのも頷けます。

アンサンブルコンテストで賞が欲しいとは、私はまったく思えないのですが、、
ひとつの超えるべき山の設定としてはありがたいなあ、と思います。
是非楽しんで、この山も越えていきたいです


by atoo
15:10  |  活動記録  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.01/08(Tue)

練習曲

LVE練習曲 2012年後半

2012年後半は、MTEやキャロラーズとの合同演奏がほとんどでした。
ア・カペラ曲を多く歌い、弱点や課題が多く見つかったように思います。
また、少人数とは違う、大人数での歌い方なども勉強になりました。

ア・カペラ曲

・A Catch on the Midnight Cats / Michael Wise(カノン)
・Adieu,sweet Amaryllis / Richard Brown(カノン)
・Perchè vezzosi rai / 作曲:Luigi Cherubini 編集:David Vinden(カノン)
・VIVA LA MUSICA / 作曲:Michael Praetorius (カノン)
・Dona nobis pacem / 口頭伝承…作者不明 (カノン)

・Tota pulchra es / M.デュリュフレ(3声div.)
・Hajnalban   / G.オルバーン(3声)

・「九つの無伴奏女声合唱曲」より ほたるこい
  東北地方のわらべうた/作曲:小倉 朗

・さくらさくら  日本古謡/編曲:若松正司
・ふるさと   作詞:高野辰之/作曲:岡野貞一/編曲:若松正司

・Jubilate Deo(神をほめたたえよ) 作曲:ミクローシュ・コチャール
・Adventi Ének(待降節の歌) 作曲:ゾルターン・コダーイ


伴奏付き曲

・誰かが小さなベルを押す
・ロマンチストの豚
・さびしいカシの木 
・ユレル 
・雪の街 
(すべて2声 / 作詞:やなせたかし 作曲:木下牧子)

・小ミサ /G.フォーレ


09:57  |  練習曲  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2013.01/08(Tue)

2013年1月5日(土)年が明けました

新年あけましておめでとうございます
2013年、最初の練習日です。
1月5日はまだ休み中ですが、迷うことなく練習でした

さてさて、年始めではありますが、曲は年末の続きです。

課題の多い「Tota pulchra es」。
今日は先生が面白い練習方法を教えてくださいました。
ホワイトボードに線を描きながら歌う、というものです。
これはまあ~。なんて面白い!
びよーん、と線を延ばせば、高音も楽に出ます。
力が抜けて、踊ってるみたい。楽しい~
ボールペンとかで紙に描いても良いそうです。
私は家に帰ってから、指で机に線を描いて歌ってみました。
それでも効果あります。
ホワイトボードのほうが楽しいですけどね
私はこれがとっても合っているようなので、常々練習時にやってみようと思います
先生、ありがとうございます


それから「Hajnalban」の概訳も教えていただきました。
この曲は、詩「A hajnal」(20連からなる)から2連を抜粋して書かれた曲だそうです。
美しい夜明けと、悲しみに嘆く鳩が詠われています。

ハンガリーという国の歴史は、私たちには頭で理解できても、
心から同調することは難しいかもしれません。
でも、想像力を働かせてこの曲の持つ意味を、伝えられたらいいなあと思います。
必要なのは、想像力!(妄想力?)だと思います。

歌はそれこそ膨大にあり、そのすべての歌詞の内容を体験することは
到底できることではありませんものね。
を読んだり映画を見たり、そういうこともすべて歌の引き出しになって
いくのだと思います。
何でも柔軟に吸収して、歌に還元していきたいです。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

by atoo
09:27  |  活動記録  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。