スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2012.11/20(Tue)

11月17日(土)きらきら☆

喉もすっかり回復して、歌えるって幸せ~を実感している今日この頃です。

今週は3時間、合同ピアノ練習でした。
レトゥスは普段はア・カペラ専門ですが、他の団と合同で演奏するときには
伴奏つきの曲を歌うことも多いです。

今回はキャロラーズ定期演奏会の賛助出演なので、すでに数回ピアノ付きで練習しています。
ピアノ伴奏は今回も澤田先生にお願いしていますが、ますますキラキラっぷり
増して、とても素敵な演奏をしてくださいます
特に木下牧子先生の曲は、ピアノが入ると雰囲気ががらっと変わります
いえ、変わるのではなく、初めて本来の姿が現れる、というべきでしょうか。。
歌とピアノが一緒になったとき、ぶわーっと景色が広がるような・・・。
伴奏なしで練習しているときには見えない色や風景が見えてくるようです。

もともと曲が持っているキラキラと、澤田先生の出すキラキラ音で、くらくらしちゃいます。
しかし、うっとり伴奏を聴いていると、危うく出トチりそうになるので注意が必要です
危ない危ない

今週の練習曲
☆ Perchè vezzosi rai (作曲:Luigi Cherubini 編集:David Vinden)

☆誰かが小さなベルを押す 
☆ロマンチストの豚 
☆さびしいカシの木 
☆ユレル 
☆雪の街 
(すべて 作詞:やなせたかし 作曲:木下牧子)

☆フォーレの小ミサより Kyrie eleison、Agnus Dei、Sanctus

3時間でも全然足りませんね~。。
あっという間でした

どの曲でもそうなのですが、母音の発声のなんて大事でなんて難しいことか・・・。
鼻歌も母音で歌おう。

by atoo
スポンサーサイト
18:36  |  活動記録  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.11/19(Mon)

12月の活動予定

12/01(土)17:00-20:00 東北学院大学土樋キャンパス音楽館(ピアノ合わせ)
12/02(日)東北学院大学女声合唱団キャロラーズ定期演奏会賛助出演@戦災復興記念館展示ホール
12/08(土)19:00-21:00 荒町市民センター第会議室
12/15(土)MTEクリスマスパーティ
12/22(土)19:00-21:00 荒町市民センター第一会議室
11:10  |  活動予定  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

2012.11/12(Mon)

11月10日(土)歌が好き。

あ~、寒いですねえ
まだ11月も半ばだというのに、すっかりコタツムリになっています。
もうちょっとアクティブになりたいですが・・・寒い~

でも、練習に行くときにはそそくさと出かけますが(笑)

さて、キャロラーズに新しいメンバーが参加しました!
パチパチパチ
よしりん(勝手に命名)でーす。
ひとり増えるだけでも合唱にぐっと厚みが増します。
楽しんでいきましょう!

レトゥスも絶賛団員募集中です。
特にソプラノとメゾ、大歓迎!アルトの方も大歓迎!みんな大歓迎!

今週の合同練習曲(ピアノ合わせ)
☆フォーレの小ミサより Kyrie eleison,Benedictus,Agnus Dei
☆雪の街 作詞:やなせたかし 作曲:木下牧子
☆ユレル 作詞:やなせたかし 作曲:木下牧子
☆さびしいカシの木 作詞:やなせたかし 作曲:木下牧子

単独練習曲
☆Tota pulchra es   M.デュリュフレ (3声div.)


↓今日はちょっと長いひとりごと・・・。(興味ない方、飛ばしてくださいね)

私にとって歌は単なる「趣味」とはいえません。
趣味って、意味としてはとても幅広いですよね。
暇つぶしから、やらずにはいられないものまで。

私はとても趣味が多いのですが、その中でもやはりランクがあります。
歌はその中でも、一生、歌える限りは歌い続けたい、歌わずにはいられないものです。

真剣に歌を歌い始めて20年近くなりますが、下手でも、できなくて地団駄を踏んでも、
歌いたくて仕方がない。
これは止めることができないものです。

プロではないし、歌だけ歌って生活するわけにはいきません。
また、歌だけ歌って生活するのがどれだけ大変かも想像に難くありません。
平凡な市井の人として地道に生きていますが、その中で、家事をしながら仕事をしながら
限りある時間を使って出来る限りの努力をして技術を磨きたいのです。
やぎ先生もよくおっしゃいますが、表現をするためにはどうしても技術が必要だからです。

しかし、声って楽器の中でも極めてメンテナンスが大変で、扱いも難しい。と私は思います。
普通に生活をしながら歌い続けるのはとても大変です。
それでも歌を好きで好きでやめられない人が多いのは、この楽器が世界で一つだけの
素晴らしい楽器だからなのかもしれません。
いつでも、どこでも(?)、誰とでも、演奏できる。
こんな楽器は他にありません。

もちろん、「もっとこんな声だったらいいのに・・・」と思って泣いたことも多々あります。
でも、私だけがもっている楽器はひとつだけ。
大事に大事に、感謝して、歌い続けていきたいです。

by atoo
16:48  |  活動記録  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

2012.11/06(Tue)

11月3日(土)東北の冬到来

気が付けば11月になりました
本番まであと1か月、気合入れて行きましょう

今週の練習は3時間半ですが、最初の2時間はキャロラーズとの合同練習で、
土樋の東北学院大学音楽館を使わせていただきました。
この年になって大学で練習するとは~~。若返ります
でもこの音楽館、広いせいか、とっても寒いのです。。。
前回も1月に練習で使わせていただきましたが、そういえば寒かった・・・
なりふり構わず、布団を被っているかのような格好で歌いました(笑)が、
こういうことが、素敵な懐かしい思い出になっていくのですよね~

後半むーたんがストーブを点けてくれたら何ともあったか~い
暖房機器のすばらしさに感動せずにはいられない今日この頃。
すっかり冬になったということでしょうか

今週の練習曲
☆フォーレの小ミサより Agnus Dei、Sanctus
☆雪の街 作詞:やなせたかし 作曲:木下牧子
☆ユレル 作詞:やなせたかし 作曲:木下牧子


後半は荒町市民センターに移動して、レトゥスの単独練習でした。

単独練習曲
☆さびしいカシの木 作詞:やなせたかし 作曲:木下牧子
☆Tota pulchra es   M.デュリュフレ (3声div.)

木下牧子先生の曲は今までにも何曲か歌っていますが、本当にキレイです。
どの曲もキラキラ煌めいています。
そして、すぐに取り憑かれます。
練習で歌って以降、いや、正確には取り憑かれたたま子さんから移されました
ちなみに、現在のメインテーマは「さびしいカシの木」です。
いつでもどこでも「さびしいさびしいカシの木は~」。エンドレス状態。
日曜日はMTEの芋煮会だったのですが、ここでたま子さんに移され、今でもずっと
頭の中をぐ~るぐ~る。
木下先生マジックです。
本番で解き放つと、昇天?してくれるのですが・・・(笑)
耳だけでなく脳にも残る、不思議な美しいメロディーです。

by atoo
13:44  |  活動記録  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。